meta "keywords" 廃止になったわけではない!

こんにちは。
アメーバオウンドマイスター 加藤敦志です。

※googleサイトからスクリーンショットしました。




僕は入れます。


結論:HTML記述のルールとして、metaタグのcontent:keywords は記述して良いというルール。
何でもかんでもgoogleが読まないから、無視するからと言って基本である記述のルールに乗っ取らないのはどうなのか?と思うからです。


記述OKで、数%利用価値があるのなら僕は入れておきます。
無視していい、不要、と言っているのはgoogle側ですから...


沢山ある記事でも、meta keywordsは廃止!というタイトルを見つけますが、廃止になったわけではありません。


クローラーが無視しているので、SEO検索条件には考慮されていませんということです。

その昔SEO業者が、このmeta content:keywordsを、乱用しスパム扱いとされてしまった事例があることから、検索側では利用しない、不要、無視、という今の方針になったこともあります。





議論が絶えない...


ある記事では、googleさんがmeta keywordsは完全に無視(クローラーが読まない)ので記述する必要はない..と。

かと思えば、無視しているかもしれないが、将来何らかの形で検索順位に利用する可能性もあるので、記述しておくべきだと..

これでは、ユーザーは迷ってしまいますし、制作者に任せっきりになってしまいます。
正直誰のためにサイトを作っているのか?が明確にならない気がします。

サイト・ホームページはクライアント様、クライアント様のお客様のために作るのですから...






HTMLのルールで廃止であれば...


metaタグのcontent:keywords が完全に廃止!となったというなら利用することはないでしょう。
しかしまだ利用OKというルールがあるわけですし、SEO対策に関連する条件であれば、僕は入れるべきと考えます!





AmebaOwndでも当然設置!




amebaowndでは誰でも設定がしやすいように、とてもわかりやすく項目分けがされています。
後は入力するだけ!

ホームページ制作ツールをリリースされている会社側で、必要と考えているからこそ設定項目があると僕は考えております。


賛否両論ありますし、どれが正しいという答えは今の所明確な物はないので、だからこそ僕は入れておくべきだと考えます!


完全廃止になるまでは僕は設置します。
ちなみにWordPressでも設置可能ですし、SEO対策プラグインもありますしね!




0コメント

  • 1000 / 1000

札幌 AmebaOwnd アメーバオウンド 加藤敦志

札幌でAmebaOwnd(アメーバオウンド)をメインでホームページ制作代行を行っています。smilefacotryten アメーバオウンドマイスター 加藤敦志です。WordPress(ワードプレス)、ITやWebの悩み、PCやスマホ、SNSの苦手を問題解決へトータルWebサポートを行います。