|講座・勉強会開催予定一覧

【必見】ホームページを作ると良いことばかり!

こんにちは。
アメーバオウンドマイスター加藤敦志(あつし)です。



SNS


今の時代SNSが先行していることは紛れもない事実です。
僕自身SNSは多用しています。

ここで、SNSはどんなものなのかを今一度考えてみましょう

  • 情報は常に最新
  • 人と人とが繋がれる
  • ビジネスでも活用可能
  • タイムラインに情報表示
  • 写真でつながる
  • 言葉でつながる

その他もろもろ...

とにかく、多用している僕でも感じることは
「情報がとにかく流れていく、早い、追いつけない」
これが一番思うことであり、使い慣れていない方が
SNSを敬遠する一番の理由です。


しかし、SNSは活用方法によっては
最大の武器になります!




ブログ


よく聞くのが
「お仕事をはじめたらまずブログを始めると良いよ」
はい。ブログ始めたほうが良いですね


では、ブログって?

ブログ (blog) は、狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えて記録(ログ)しているウェブサイトの一種である。「WebをLogする」という意味でウェブログ (weblog) と名付けられ、それが略されてブログ(Blog)と呼ばれるようになった[1]。その執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれる。

ブログはブログなのです。
自分の思いだったり、役に立つ情報だったり
自分が持つ技術を伝える場だったり。。

発信、記録、それがブログです。




ホームページ


ブログはホームページに見せることはできます。
しかしホームページではありません。

何度も言いますが「お仕事するならまずブログ」とよく聞きますが。
まず先に「ホームページ」です。


僕はこのように考えます。

お仕事するならまずホームページ」です。

理由は

自分自身の会社のこと、お仕事の内容のこと、料金のこと、サービスを受けて頂く規約のことなどなど、固定の情報を正しく正確にホームページ載せておくことです。


そうすることで、いつ誰がどこからでもアクセスし、確認することができます。

特に、メディア取材される場合には、必ずと言っていいです。
「ホームページはありますか?」と聞かれます。
何故記者の方がこう聞くのか。
絶対的な信用度がないとおいそれと記事として発信出来ないからです。
社会的な信用・信頼度が格段に違います。


ブログやSNSを使うことも必須です


ただ、使い方があるわけです。

ホームページを作成し、そこで掲載している情報を発信すべくブログやSNSで拡散する。

あたりまえかもしれませんし、僕だけがあたりまえと考えているのかもしれません。

しかし、僕の考えはこうなのです。




作ると良いことばかり


そうすることによって何が良いのか

  • 自分の仕事は何なのか?考える時間を持てます。
  • 規約、規定を整理することが出来ます。
  • 料金、時間などサービス内容決められます。
  • お客様からのお問い合わせについて受け皿を整えられます。
  • 会社のネーミング、理念などを考えられます。
  • 自分、会社の情報を掲載することが出来ます。


何より、来ていただきたいお客様に向けてまず発信することが出来ます。


作り方は様々

  1. 無料Web作成ツールで自分でチャレンジする
  2. 自分でサーバー、独自ドメイン取得して、Wordpressで作成する
  3. 個人、企業に作成を依頼する

どれを選ぶかはあなたが決めることです。


この中「1」を選択したならば
僕にもお手伝いさせていただけるかもしれません。



ピンときた方は是非!!


お仕事はじめるならまず「ホームページ」ですよ!!


ではまた
加藤でした!

0コメント

  • 1000 / 1000

札幌 アメーバオウンド マイスター 加藤敦志

札幌でアメーバオウンドを使って
ホームページ制作、サポートを行っています。Smilefactoryten 代表 加藤敦志です。
農業土木設計技師に19年従事
現在
ホームページ(アメーバオウンド、WordPress)、ブログ(アメブロ)の制作をしています。
また、PC、iPhone、SNSの悩み、質問、など
トータルでWebサポートも行っています。

札幌 アメーバオウンド 加藤敦志 アメーバオウンド マイスター

札幌でアメーバオウンドを使ってホームページ作成をサポートしています。 アメーバオウンド マイスター 加藤敦志です。 ホームページ、ブログ制作、悩み、苦手を問題解決へサポートする。 IT、WEBを使ってお仕事をされる方のお手伝い(サポート)をしています。